ウーマン

テープ起こしは専門業者に依頼するのがベスト

言語

多言語翻訳の重要性

国際化が進む現代、他国の会社と取引する機会も増えてきました。ビジネスで必要とする書類は、プロの翻訳代行業者に依頼しましょう。医学のような専門的な言葉も正確かつ迅速に翻訳してもらえるので、安心して任せられます。

英語

言語翻訳サービスの活用

多言語翻訳サービスを利用する際の基礎知識としては、3ヶ国語を理解できる人材はきわめて稀少であるためにコストが高いということを知っておきましょう。そして活用法としては、異なる言語の書類を国内でも使えるように翻訳してもらい、クロスチェックとネイティブチェックを確実に行うべきです。

効率よくテープから文章化

パソコンを操作する人

文章化の速度を上げる

一般の企業では重要な会議が頻繁に行なわれており、会議の内容をテープに録音することも多いのです。会議で決まった内容を後で、テープを再生しながらまとめる作業をテープ起こしといいます。このテープ起こしの作業効率化や時間短縮のためには、いろんな方法が存在しており、ここではいくつかその例を挙げていきます。企業の場合だと、キー入力専門の業者に発注するという手段があります。この手段を利用することで、社員は仕事に専念することができるため、効率よく文章化することが可能となります。キー入力専門の業者は、自社のスタッフや契約しているアルバイトなどを使って、限られた時間内で入力作業を行うので、早く入手できるのです。この方法は、守秘義務を結んで外注できる範囲の内容になりますが、どうしても重要な内容だと、社内でテープ起こしするしかありません。その場合には、ある程度入力速度が速い社員を選抜しておき、時間をきちんと確保して、集中的に作業させることが重要です。入力を任された社員は、なるべくその作業を効率化するために、テープ起こしするツールとショートカットキーを理解しておくとさらに良いです。テープ起こしをするツールは、単純なレコーダーを聞きながら行うのが基本ですが、最近ではスマートフォン用に良いアプリが出ています。これらのアプリは保存された音声を、大きくしたりゆっくり再生したり、インデックスをつけて、繰り返しその部分を聞くことができます。こういったアプリもうまく使うことで、結果的に正確な内容を、早くデータ化することができるので、利用するといいでしょう。

男女

実績を重視する

ビジネスで使用する書類を翻訳したいのであれば、翻訳代行サービスの業者の利用をおすすめします。業者を選ぶ時は設立してから年数が経過していること、色々な言語の翻訳を行っており評判が良いことなどを重視して選ぶと良いです。